スポンサーリンク

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」買った。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」の缶。

もう数週間前の話となってしまいましたが、アマゾン初のブラックフライデー、その直後のサイバーマンデーという流れはなかなかしびれましたね。サイバーマンデーのほうが安いものも多かったし。

で、「せっかく安いし何か買うかな」とつらつら見ていると、アマゾン先行発売という、サントリーの新しいエナジードリンクを発見。

レッドブルが日本で販売を開始したのは2005年だそうです。当時はいろんなイベント会場で配りまくっており(今もでしょうかね?)、私の周りでは「レッドブルは買うものじゃなく貰うもの」という人もいるほどでした。あれから14年。エナジードリンクもすっかり定番カテゴリーとなりましたね。

見つけたエナジードリンクは、サイバーマンデーのおかげか6缶で850円。1本141円なら、まあエナジードリンクとしては安いほうかも。「新商品なら飲まないわけにはいかないだろう」と、サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」をポチった次第です。

レビュー

購入時には「年末ごろに届きます」的な記載があったのですが、突然「出荷日が早まりました」というメールが。「まあ、早く届く分にはOKだな」と家に帰ると、すでに宅配ボックスに届いていました。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」のパッケージ。

……え? デカいぞ。

エナジードリンクだから250mL缶だ、と勝手に思い込んでましたがなんと500mL。そんなにエナジー摂っちゃって大丈夫なんでしょうか。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」のパッケージを立てたところ。

SF映画に出てくるエネルギーパック的な6角柱のパッケージ。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」の成分表。

原材料名のトップが果糖ブドウ糖液糖などではなく、「砂糖」なところがいいですね。エナジードリンクはこうじゃないと。

100mLあたりエネルギー52kcal、カフェイン15㎎など「あれ? それほどでもないじゃん」と思いましたが、よく考えると内容量が500mLもあるんですよね。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」のパッケージ開封。

ぺろりと一枚紙をはがしたところ。「β Ver.0.8.5」ってなんでしょね。来年には正式版になるのかな?

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」のフタを開けたところ。

中のパッケージはこう開きます。無駄に凝ったデザイン、嫌いじゃないです。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」の缶。

缶を取り出してみました。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」の缶表面。

ブラックホール的な絵の上には「Digital Performance Energy」の文字。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」の缶裏面。

缶の裏側。Red Bullやモンスターエナジーは、モータースポーツを含むエクストリームスポーツ好き層をターゲットにしてますが、「ZONe」はデジタル好き層をターゲットにしているようですね。ロゴも電源アイコン風だし。

サントリー「ZONe β Ver.0.8.5」をコップに注いだところ。

コップに注いでみました。うん、強烈なデカビタ臭。私は嫌いではないですが、猫たちは苦手なようで、近くに寄ってきては眼をショボショボしてました。

では飲んでみましょう。うーん、一般的なエナジードリンク味ですが、炭酸はやや弱めで甘味は強め。飲んだあと、スッと花のような(悪く言えば中年女性の香水的な)香りが、一瞬鼻に残ります。まずくはないですが、特別においしいというわけでもなく、「まあ、冷蔵庫にあれば飲むかなぁ」という感じです。

まとめ

○良いところ
・パッケージデザインがかっこいい
・500mLと飲みごたえがある
・エナジードリンクにしては安かった

△残念なところ
・他のエナジードリンクとの違いがあまり感じられない

価 格:865円(税込)
満足度:★★★ 
総 評:
「まだβ版なので正式版は味が変わる」って可能性もありますね。