スポンサーリンク

日本ハム「袋のままできるオムライス」買った

日本ハム「袋のままできるオムライス」のパッケージ表。

まだ緊急事態宣言も出されていない頃、スーパーで見つけて「何これ面白そう」と購入したのに、すっかり忘れていた品がいくつかあります。

ということで、ようやく日本ハム「袋のままできるオムライス」を作って食べたのでご紹介します。

外観チェック

日本ハム「袋のままできるオムライス」のパッケージ表。

ぺったんこなパッケージ。

日本ハム「袋のままできるオムライス」のパッケージ裏。

裏面。視線誘導をあまり考えていないデザインだな……。

日本ハム「袋のままできるオムライス」の蒸気口。

右上に蒸気口。やけどに注意です。

日本ハム「袋のままできるオムライス」の成分。

名称は「オムライスのもと」なんですね。

日本ハム「袋のままできるオムライス」のカロリー。

カロリーは282kcal。

日本ハム「袋のままできるオムライス」の底面。

パッケージ底面にはマチがあります。

調理&実食

日本ハム「袋のままできるオムライス」の中身。

パッケージの封を切り、中のご飯をボロボロと割るように崩しながら、袋の下に集めます。けっこう内容量が少ないけど、足りるかなぁ。

日本ハム「袋のままできるオムライス」の米を固める。

折り曲げ線に沿って2つ折りにし、ギュウギュウ押さえてご飯の形を整えます。

日本ハム「袋のままできるオムライス」には卵を2個使用。
用意するのは卵2個。「よりフワフワに仕上がります!」という説明に従い、牛乳大さじ2杯を加えました。

日本ハム「袋のままできるオムライス」に溶き卵を流し入れる。

溶き卵の半量を入れ、袋の口のジッパーを閉じて電子レンジへ。我が家のレンジは500wなので、説明通り1分50秒加熱します。

日本ハム「袋のままできるオムライス」はレンジで2回加熱。

やけどに注意して取り出し、袋を開けて残りの溶き卵を投入。今度は1分40秒加熱します。

日本ハム「袋のままできるオムライス」の完成形。

完成!……うん、見た目はちょっとアレですね。もうちょっと加熱しても良かったかな。

日本ハム「袋のままできるオムライス」にケチャップをオン。

ケチャップをかけて実食。おお、ちゃんとご飯が卵にくるまれてますね。味付けも悪くない……のですが、お米がおいしくない。やわらかいのにボソボソとしていて、すごく残念な感じです。作る前は量が少ないかと思ったけど、ご飯がおいしくないため、適度におなかがいっぱいになりました。

作るのは楽しかったけれど、味はセブンイレブンのオムライスのほうが好きかな。

まとめ

○良いところ
・実験気分で楽しい
・レンジで作れる

△残念なところ
・米が好みではなかった

価 格:398円(税込)
満足度:★★ 
総 評:
「非常食にいいかも」と思いましたが、それにしては賞味期限が短すぎるか。