スポンサーリンク

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」買った。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」のパッケージ。

10月頭にソロキャンプツーに行ってきました。

当初、九州に行くつもりだったのですが、台風24号襲来。
しかたなく、台風とともに北上して東北6県を下道で回る旅に切り替えたところ、
台風25号襲来。
急遽、大間(青森)から北海道に渡り、苫小牧からフェリーで東京へ。ソロキャンプツーリング。

……というグダグダな旅だったのですが、いや、なんとも楽しかった!
1週間以上もソロキャンプするのは実に11年ぶり。一人旅はやっぱりいいものです。

あれから数週間経ち、旅の余韻もすっかり消えてしまったので、今回の旅に備えて買った物、旅の後に買い換えた物をご紹介しようと思います。

ということで、前に友人が持っているのを見て、いつか買おうと決めていた、新富士バーナーの「スライドガストーチ」です。

レビュー

先日ご紹介したB-6君。

10月頭のソロキャンプツーに向けて、装備を見直しています。 なんせ、私のキャンプ用品は、物によってはもう20年ぐらい使っている時代...
これを活用するには火が必要。ただし、旅先では強風のなかで着火したり、薪が手に入らず生木を燃すケースも考えられるため、最初に着火する炎は強力であるに越したことはありません。そこで、バーナータイプのライター(ターボライター)が便利なんですよね。

で、今回の「スライドガストーチ」。名前でピンときたかもしれませんが、バーナー部分(火口)が伸びるんです。

同じような商品で「スライドガスマッチ」というのもありますが、そちらはただのライター。短くなるチャッカマンみたいなものです。ご注意を。

なお、SOTOブランドのモデルもあります。色使いなどがちょっと違いますが、ものは同じっぽいですね(私は金額が安いこちらを買いました)。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」はカセットガスも使用可能。

ガスを充填することで何度でも使用可能。便利なことに、ライター用ガスだけでなく、コストの安いカセットコンロ用ガスも使えます。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」の本体。

バーナー部を縮めた状態では、ちょっと大きめの100円ライター、といった感じ。私は地面に落としたときすぐ見つけられるように、ど派手な黄色を選びましたが、シックな黒を始め、限定色なども用意されています。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」の底部。

底部にはガス注入口と火力調節つまみが。ストラップホールもあるので、ヒモを付けて首から下げたりするのも良いかと。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」のガス窓。

見づらいですが、細い四角の部分は透明な窓になっていて、ガスの残量(液量)を見ることができます。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」の右側面。

反対側の面には注意書き。このバーナー、着火スイッチ(押し込む部分)にセーフティロックが付いているので、ポケットに入れていても不意に着火するようなことはありません。
……たぶん。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」のロック状態。

これがロック状態。この状態ではグレーの着火スイッチは押し込めません。
で、スイッチ上部を外に引っ張って……

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」のロック解除状態。

こうすると着火可能になります。違いがわかりますかね?

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」の火口には突起が。

バーナー部には指が引っかかる出っ張り付き。伸ばそうとして「アチッ!」となる危険性が減りますね。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」を伸ばしたところ。

軽すぎず渋すぎず、スルスルとここまで伸びます。もちろん、どの位置でも着火可能です。

新富士バーナー「スライドガストーチ RZ-520YL」の炎。

細くキレイな炎ですね。

火柱を上げるB-6君。
旅の間、毎日火起こしに役立ちました。

まとめ

○良いところ
・バーナー部が伸びるので、安全に着火できる
・ライターガス、カセットガスの両方が使用可能
・セーフティロック付きで持ち歩きも安心

△残念なところ
・特になし

価 格:1727円(税込)
満足度:★★★★☆
総 評:
悪い所が見あたらない、ほぼ完成された商品だと思います。