スポンサーリンク

日清「カップヌードル謎肉祭」買った。

日清「カップヌードル謎肉祭」のフタ。

「匂いと味がマッチしいていない食べもの」というのが世の中にはあります。すごくおいしそうな香りがするのに、実際食べると「……ああ、うん、こんな味だった」と、軽くガッカリしてしまうような。

私にとっては、カップヌードルもそのひとつ。いい匂いがするんですよねー。

さて、カップヌードルといえば、特徴的なのが四角い形をした謎肉(ダイスミンチ)。で、コンビニに行ったら「謎肉がたっぷり」と以前も話題になった「謎肉祭」が売っていたので、なんとなく購入してみました。

レビュー

日清「カップヌードル謎肉祭」の外観。
正式名称は「年に一度のCUP NOODLE謎肉祭 肉盛りペッパーしょうゆ味」なんでしょうかね?

日清「カップヌードル謎肉祭」のフタ。

しかもBIGでした。そういえば「謎肉は肉ではなく大豆からできている」なんて噂もあったんですが、結局、肉でしたね。原材料にも「味付豚ミンチ、味付豚肉」と書いてあります。

日清「カップヌードル謎肉祭」は年に1度。

年に一度なんですね。

日清「カップヌードル謎肉祭」の栄養成分表示。

1食あたり約500kcalと、カップ焼きそばに比べれば、それほど暴力的ではないカロリーです。

日清「カップヌードル謎肉祭」は史上最大量の謎肉。

カップヌードル史上 最大量の謎肉

の文字に期待が高まります。

日清「カップヌードル謎肉祭」の凝ったデザイン。

しかしまあ、デザインの凝ってること。VRとか謎肉カーリングやってる人とかいますね。

日清「カップヌードル謎肉祭」のフタを開けたところ。

さて、ふたをめくってみましょう……え?
最大量って割には、思ったよりも謎肉が少ないですね。お湯を吸ったら膨らむのかな?

日清「カップヌードル謎肉祭」の完成図。

そして完成。うーん、まだ食べてないのに、軽くがっかりしてしまいました。
「祭」っていうくらいだから、麺が見えないくらいびっしり肉が入っているかと思ったんだけどな。

では実食。……うん、カップヌードルですね。ただ、具が謎肉とネギくらいしかないので、カップヌードルとしても味が単調すぎると感じました。あの甘い卵やエビがあってこそのおいしさだったんだなと、安藤百福先生の偉大さに頭が下がる思いです。

まとめ

○良いところ
・デザインが凝っている
・心躍るネーミング

△残念なところ
・思ったよりも肉が少ない
・味が単調

価 格:220円(税込)
満足度:★★ 
総 評:
祭なら味のバランスなんて気にせず、半分くらい謎肉を入れてしまえばいいのに。