スポンサーリンク

メキシチョイス ナチョチーズ 買った。

メキシチョイス ナチョチーズの外見はこんな感じ。

子供のころ、とろけるチーズを乗せた食パンが大好きでした。でも、猫舌なのでとろけている状態では食べられず、やっと食べられる温度になると、もさもさとした「かつてとろけていたチーズ」となっており、悔しい思いをしたものです。

そんなある日、クリームチーズなるものを西友で見つけ、「常にとろけているチーズが食べられるじゃん!」と大興奮。母親に必死にねだって買ってもらいました。

翌日の朝、パンにたっぷり塗って食べてみたものの、クリームチーズ特有の酸味に、一口目で「あ、これ苦手なやつだ」と。
「コレジャナイ感」を強く覚えつつ、「おいしい?」と聞く母(←チーズが苦手)に、「うん、おいしい! ……あ、でも次は買わなくていい」と微妙な返事をしたことを覚えています。

なお数年後、猫舌を気合いで克服することで、熱々のチーズを食べられるようになりました。

それはさておき。
カルディで「メキシチョイス ナチョチーズ」なるものを発見。「これ絶対おいしいはず! 買って!」と脳内で叫ぶ、子供時代の自分の声に従って購入しました。

レビュー

「メキシチョイス」という名前なのに、原産国はアメリカ。チェダーチーズを思わせるオレンジがかった黄色が、「クリームチーズとは違うんだぜ」という<本物のチーズ感>を醸し出しています。

メキシチョイス ナチョチーズの原材料。アメリカ産です。

キャップを開けると、指が入りそうなくらい開口部が大きいですね(写真は中栓をとる前の状態です)。粘度の高いチーズを絞り出すためなんでしょう。期待が高まります。

メキシチョイス ナチョチーズのキャップを開けると、巨大な注ぎ口が。

さて、皿に出してみると、絞り出すというほど固くはなく、スルッポテと滑らかに出ます。マヨネーズよりはボテっとしてるけど、マーガリンよりはやわらかい、といった質感。とりあえず、手近にあったアボカドチップスに付けて食べてみます。

メキシチョイス ナチョチーズを、アボカドチップスに塗って食べてみます。

……うーん、酸っぱい。クリームチーズとは違うタイプですが、酸味を強く感じます。ニオイは海外もののチーズっぽい、クセのあるもの。ちょっとザラザラとした舌触りもあります。人を選びそうな味ですね。ハンバーガーにかけたら、もしかしたらおいしいのかも。

食べ続けるうち、酸味とニオイに慣れてきますが、そうなると特にパンチのない塩味のタレみたいなものに。ああ、私はあの子供時代から、なにも成長していないなぁ。

まとめ

○良いところ
・片手で絞り出せる程よい粘度

△残念なところ
・酸っぱい
・やや臭い

価 格:594円(税込)
満足度:★★☆
総 評:
ネットで「温めるとおいしい」というレビューを発見。次回試してみます