スポンサーリンク

【番外】コジット「座れるキャットハウス」もらった。

コジット「座れるキャットハウス」の外観。

毎日、会社のそばにあるスギ薬局で、飲み物やご飯を買っています。そのおかげで、いつのまにやらポイントが8000ptほど貯まっていました。

「何と交換しようかな-」と同社のカタログを眺めていると、その名も「座れるキャットハウス」というものを発見。検索してみると4~5000円台から購入できるようで、1pt=1円みたいなポイントで交換するのはもったいないともいえます。

でもこういう商品って、猫が入らなかったら邪魔になるだけなので、買うのはなかなか勇気がいるもの。

「ほかに欲しいものもないし、これにしようか」と言うことで、コジット「座れるキャットハウス」を手に入れました。

外観チェック&レビュー

コジット「座れるキャットハウス」の段ボール。

32×32×32cmの段ボール入り。第一印象は「デカっ!」というもの。

コジット「座れるキャットハウス」の外観。

箱を開けるとギッチギチにイスが詰まってました。

コジット「座れるキャットハウス」は猫以外の小動物も使用可能。

ピョンッと飛び乗れる高さ

だそうで。猫だけでなく小型犬や小動物にも使えるそうです。

コジット「座れるキャットハウス」の外観。

シュリンクを剥がすと、さっそく猫が寄ってきました。穴の上に貼られた黄色いラベルには「CAT HOUSE STOOL」の文字が。スツール上部のクッションは薄めで、腰かけると天板の堅さがダイレクトに伝わってきます。

コジット「座れるキャットハウス」の4本足にはゴムクッションが。

ひっくり返してみると、4本の足には床の傷防止クッションが貼ってありました。

コジット「座れるキャットハウス」の洗えるソフトクッション。

穴の中には、取り外し可能なソフトクッションが。こちらもかなりペナペナです。

コジット「座れるキャットハウス」の床板。

クッションの下は板張り。

コジット「座れるキャットハウス」の天板。

中を覗くと、無数の丸棒が天板を支えています。予想よりもしっかりした作りでした。
耐荷重は80kg。

コジット「座れるキャットハウス」と茶色(1)。

さっそく茶色が頭を突っ込みました。

コジット「座れるキャットハウス」と茶色(2)。

……が、気に入らなかった様子。

コジット「座れるキャットハウス」と灰色(1)。

続いて灰色も頭を突っ込みます。

コジット「座れるキャットハウス」と灰色(2)。

入ったものの落ち着かない様子。
このあと、すぐに出てきてしまいました。

コジット「座れるキャットハウス」その後。

……で数日後、灰色はスツールの上が気に入ったようです。

まとめ

○良いところ
・予想よりもしっかりとした構造
・足が4本あるので安定している

△残念なところ
・クッションが薄い

価 格:0円(7800pt)
満足度:★★★ 
総 評:
たまにしか穴に入りませんが、まあ、猫が楽しそうで何よりです。