スポンサーリンク

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」買った

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」と遊ぶ猫その3。

我家の猫は完全室内飼い。ネットで猫に関する記事を見ていると、たいてい

「毎日、最低でも15分は猫と遊んであげること」

と書いてあります。そこで、毎朝エサを出す前に必ず遊んでいるのですが、最近はあまり食いつきが良くありません。

おもちゃを振っていても、2~3回飛びかかると、もう飽きてしまう感じ。
動かし方は毎回変えてるつもりなんですが、私なりのクセみたいのがあって、それに慣れてしまったのかも知れません。

ああ、なんてこった。運動させてあげないとかわいそうだ(まあ、いつも2匹で走り回ってますが)。

そこで「猫のおもちゃやお菓子は(キリがないので)なるべく買わない」という自分なりのルールに目をつぶり、Amazonのレビューなどで評判の良い、猫壱の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」を買いました。

外見チェック

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の外箱正面。

「やれるもんなら捕まえてみな弐号」という挑発的な商品名。「最も選ばれている電動おもちゃ」だそうです。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の売上の一部は猫保護団体に。

売上の1%が、猫保護活動の会に寄付されるんですと。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のパッケージ裏面。

擬音多めのパッケージ裏面。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」は電池なし。

電池は付属していません。では開けてみましょうか。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の本体セット。

鍋のフタのような本体と、畳まれたシート、羽タイプとヒモタイプの2つのじゃらし棒が入っています。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のじゃらし棒取付部。 本体の一部には、じゃらし棒を差し込むための突起が。ベージュの部分全体が動くようですね。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のヒモタイプじゃらし棒。

ヒモタイプのじゃらし棒。根本の方がピンクで先の方は赤と、微妙なグラデーションがついています。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の羽タイプじゃらし棒。

こちらは羽タイプ。ホワホワですね。じゃらし棒&球の部分は適度に弾力のある樹脂製。羽タイプじゃらし棒にはスペアも販売されているようです。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のシート。

さて、シートを拡げてみましょう。……あ、かわいい絵柄だったんだ。

商品名と色から、勝手にガーフィールド的なアメリカのカートゥーン柄が描いてあるのかと思ってました。弾力のあるビニールではなく、折り畳み傘みたいな、ガサガサとしたしっかり目の素材でできています。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の電池ボックス。

本体をひっくり返すと、床に接する部分には4つのクッションが付いています。電池ケースのフタには、浮き彫りになった肉球の絵が。こういう細部にまで気を使っている商品はいいですね。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の付属物。

そのほか、保証書と説明書、あとキャンペーンの小さな冊子が入ってました。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のセット内容。

セット内容にモレがないかチェック。左から「本体」「シート」「じゃらし棒×2」。一番右の「丸いの」は、きっと本体に付いてるんでしょう。

組み立て&レビュー

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」は単三電池4本で駆動。

フタを外して単三電池を4本入れます。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」にじゃらし棒をセット。

先ほどの突起にじゃらし棒を差し込みます。まずは羽タイプをセレクト。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のカバーは左に回すと外れる。

「丸いの」はやっぱり本体に付いていました。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のカバーを外す。

ネジになっているワケではなく、左に軽く回すとロックが外れて、スッと取れます。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」にシートをセッティング。

シートを本体にかぶせたら、もう一度「丸いの」を取り付けて準備完了です。
本体真ん中のボタンが電源&モード切替&タイマースイッチ。
押すたびに「初級」→「中級」→「上級」→「自動」→電源OFF→「初級」…と切り替わります。現在、どのモードなのかは、LEDが点灯することでわかります。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」には3種類のモードが。

説明書には「モードの違い」について何も書かれていませんが、パッケージ裏面を見る限り、動作スピードが違うみたいですね。「自動モード」にすると、スピードの速さも変化するってことでしょうか?

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」のスイッチアップ。

真ん中のボタンを3秒ほど長押しすると「ピピピ」と音がなり、30分後に自動的に電源が切れるタイマーが作動します。なお、タイマー動作時はLEDが点滅します。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」に興味津々の猫2匹。

新しいもの好きな猫たち。拡げるとさっそく寄ってきます。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」が動いた瞬間、飛びすさる。

スイッチオン!……と同時に、驚いて飛びすさってしまいました。

じゃらし棒の先っぽだけがシートから出ている感じで、球状の部分がフローリングの上を転がるゴロゴロ音と、シートをこするガサガサという音がします。
フローリング床の上で動かす限り、モーターの動作音はあまり気になりませんね。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」にビビる猫。

「初級モード」でも、動きはわりと速いです。時計回りしてたかと思えば逆回転したり、急に止まったり、小刻みに動いたり……と、細かく動作が変わります。
しかしビビって寄ってきませんね。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」と遊ぶ猫その1。

羽タイプをやめてヒモタイプにしてみましょう。
お、今度は食いつきが良いな。

パワーは弱めで、猫がじゃらし棒をガシッと掴むと「ウィウィウィ……」と動かなくなってしまいます。でも、パワーがありすぎて猫が振り回されてしまうほうが怖いので、これでOKです。もちろん、猫が離せばまた動き出します。

猫壱「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」と遊ぶ猫その2。

電源ボタンとモード切替ボタンが同じなので、「初級」で遊んでいて電源を切ろうと思うと、ボタンを4回押さなくてはいけません。しかも、押すたびにスピードが早くなるので、ちょっとわずらわしいですね。

害がないとわかったようで、もう一匹も寄ってきました。

まとめ

○良いところ
・電源を入れれば勝手に遊んでくれるのでラク
・動作音が静か
・動きがランダム&スピード調節可能で飽きにくそう

△残念なところ
・シートがど派手で、部屋に置くと目立つ
・電源を切るために、ボタンを何度も押さなくてはいけない

価 格:1882円(税込)
満足度:★★★★☆
総 評:
値段も手頃で良いですね。早々に飽きてしまわないよう、たまーに出すように心がけます。