スポンサーリンク

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」買った

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」のパッケージ。

我が家の猫がかわいすぎます(デジャヴ)。

そんな猫たちが大好きなため、何度もリピート購入しているおもちゃが「カシャぶんスーパーロング バード」。

これまで使っていたものがだいぶボロボロになってきたので、また新しく購入しました。

チェック&レビュー

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」の外観。

同社にはもともと「カシャカシャぶんぶん」という商品があるのですが、それのスーパーロング版です。

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」のパッケージ。

いくつかバリエーションがある(先端のじゃらし部分が違う)のですが、
我が家の猫は「バード」がいちばんお好みの様子。じゃらし部分は単体購入・交換できます。

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」は棒が伸びる。

スーパーロングというだけあって、棒の長さが47cm~82cmまで無段階に調節可能。
って、写真を撮ってるそばから待ちきれず猫が寄ってきます。

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」の外観その2。

伸びる部分は適度な弾力のあるケーブルで、ビョンビョンしなります。
棒の先端には、猫を傷つけないように丸いポワポワ(正式名称わからず)付き。

ヒモの長さは十分に長く、棒を伸ばせば自分は座ったまま、猫を部屋中ブンブンと走り回らせることができます。一方で、ヒモが長すぎて絡まりやすく、気づくとヒモの途中に結び目がたくさんできてしまうのが難点。それが理由で定期的に買い替えているのです。

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」のじゃらし部分。

じゃらし部分のアップ。カシャカシャ鳴る羽は塩化ビニールのフィルム。構造色で七色に輝きます。尻尾は染色された羽毛、頭部分は丸いポワポワ。下部には足をイメージしたのか、ナイロンリボンが2本垂れ下がっています。
たいてい遊んでいて壊れるのは、羽>足>羽毛の順番ですね。

我家の猫は、ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」が大好き。
写真を撮ってるそばから待ちきれない2匹。

ペッツルート「カシャぶんスーパーロング バード」で遊ぶ灰色。

この写真だと、割と冷静に遊んでいるように見えますが、実際はジャンプしまくってて、カメラに収まりません。まあ、楽しんでもらえて何よりです。

まとめ

○良いところ
・猫の食いつきがすごい
・自分は座ったまま、部屋中、猫を走らせることができる。
・リーズナブルな価格&じゃらし部分の交換が可能

△残念なところ
・羽が壊れやすい
・ヒモが絡まりやすい

価 格:366円(税込)
満足度:★★★★☆
総 評:
猫が喜ぶので何度もリピート購入してしまいます。