スポンサーリンク

松本金型「悟空の如意棒」買った。

松本金型「悟空の如意棒」のメインの耳かき。

以前も書きましたが、耳掃除が大好きです。
で、「耳かき用たわし」が 話にならないダメ商品 期待はずれだったので、
オルタネイティヴ「天使の耳かき」である「悟空の如意棒」を使い続けています。

「耳鼻科のお医者さんは『あまり耳掃除をしない方がいい』と言っている」なんて話を目にすることも多いのですが、私は耳掃除が大好きです。 ...

ところが先日、いつものように掃除を終えて水洗いしているとき、先っぽの黒いカギ爪が1本、ポロリととれてしまいました。よく見ると、他の場所でもポロポロと欠けています。

アマゾンの購入履歴を見ると2014年。平均週2回ペースでハードに使っていて、5年持ったのだからたいした物です。ということで新品を購入しようと見てみると、2本セットで1000円を切る低価格の店を発見。そちらで購入しました。

外観チェック&レビュー

松本金型「悟空の如意棒」のパッケージ。黒とえんじの2本セット。

松本金型「悟空の如意棒」は白い部分を差し直すことで2通りの使い方ができる。

白い部分を引っこ抜く&ひっくり返して刺し直すことで、使えるようになります。

松本金型「悟空の如意棒」のメインの耳かき。

持ち手が若干太い方は、あたりがソフトな黒いヘッド。
小さすぎて見えませんが、160本のカギ状ブラシがびっしり生えています。
私はこちらをメインで使用。

松本金型「悟空の如意棒」のサブ耳かき。

持ち手が細い方は、樹脂製の白いヘッド。丸い部分の付け根~横にかけて、
ヤスリ状のギザギザが刻んであり、ハードに耳壁を削ります。
力を入れてガリガリしたい人にはいいかも(←あまり使ってない)
松本金型「悟空の如意棒」の耳かき部分アップ。

パッケージのイラストがわかりやすいですね。

さて、では新品で耳掃除してみましょう。……うーん、やっぱり気持ちいい。
新品なので、カギ爪のエッジが立っているのでしょうか、
昨日まで使っていた5年落ちモデルよりも、かき心地が明らかに良いですね。

汚いので使用後の写真は掲載しませんが、黒いヘッドにカサカサ系耳垢がしっかり抱え込まれています。耳掃除後の手入れは、

・ゴミ箱の中で柄を2~3回指ではじいて粉を飛ばす。
・水でザバザバ洗う。
・乾燥させる。

と簡単。ネバネバ系耳垢の人は、使用後の手入れがたいへんかもしれませんが、
そもそも、この耳かきを使う必要がないでしょう。

耳掃除だけでいえば、竹の耳かき3連ループ耳かきのほうがよく取れるかも知れません。ただ、「耳のかゆいところをかく」「耳掃除の気持ちよさを味わう」という用途なら、現存する中ではこの耳かきがベストなんじゃないでしょうか(ただし、カサカサ系の人に限る)。

まとめ

○良いところ
・粉状になった耳垢もかきとれる
・痛すぎず、物足りなすぎない絶妙な掻き心地

△残念なところ
・白い方の使い途がない(通常の耳かき形状でいいのに)

価 格:935円(税込)
満足度:★★★★☆
総 評:
2本あるのであと10年は戦える計算に。とはいえ、「天使の耳かき」再販してくれないかなぁ……。