スポンサーリンク

LED撮影ボックス買った。

WL JUST「LED撮影ボックス」の完成形はこんな感じ。

すでにお気づきと思いますが、買った物を紹介するブログなのに、写真がダメダメです。

「撮影テクニックがないこと」が一番の原因ですが、「せめて背景に余計なものが写らず、逆光にならないようにしたい」ということで、撮影ボックスを買ってみようかと。

・500mLのジュースも撮れるように、高さが40cmくらいのもの。
・組立てがマジックテープではなく、スナップ式のもの。
・金額は5000円未満。
・できれば照明付き。

という条件で検索して、WL JUST「LED撮影ボックス」を購入しました。

レビュー

収納ケースに入った状態。面積は大きいけれど、厚みがないので立てかけておけば場所をとりません。

WL JUST「LED撮影ボックス」を収納ケースにしまった状態。

ケースを開けるとこんな感じ。USBケーブルが入ってますね。本体の素材はペナペナしたプラスチックです。

WL JUST「LED撮影ボックス」のケースを開けたところ。

で、取り出したはいいけれど、説明書も何もないのでどこから展開すればいいのか、5分くらい悩みました。

最終的に「えい!」と力任せに開けたところ、それで正解でした。

WL JUST「LED撮影ボックス」は力任せに引っ張って展開します。

展開したところ。ちなみに、このとき汚いボール紙が挟まっていますが、これ捨てちゃだめです(理由は後述)。

WL JUST「LED撮影ボックス」を展開するとこんな感じ。

背景用に、白、黒、赤、緑のフェルト布が入っています。

WL JUST「LED撮影ボックス」には4色の背景用フェルト布が付いています。

スナップボタンを留めて組み立てていきます。

WL JUST「LED撮影ボックス」はスナップボタンを留めて組み立てます。

完成形はこんな感じ。折り畳みだから仕方ないのですが、折りグセでどうしてもきれいな矩形にはなりませんね。

WL JUST「LED撮影ボックス」を組み立てたところ。

天井には、俯瞰で撮影できる開閉式の穴が開いています。

WL JUST「LED撮影ボックス」の天井には、俯瞰撮影用の穴が用意されています。

テープ状のLEDが、天井部分の手前と奥に付いています。さっきのUSBケーブルをつないで、

WL JUST「LED撮影ボックス」にはLED照明が2列付いています。

反対側を電源につなぎ、スイッチを押すことで、冒頭の写真のように明りを点けることができます。

WL JUST「LED撮影ボックス」のLED照明用スイッチ。

さて、組み立てを終え、収納するときにうまく収まらず苦労しました。プラスチックのフラップ部分が、スナップボタンに引っかかって、スムーズに畳めないのです。

そこで気づいたのが、先ほどの汚いボール紙。ためしに間に挟んでみたら、スルスルっとこともなく収納モードに戻すことができました。

まとめ

○良いところ
・組立てが簡単
・照明、背景と一式揃っている
・収納時にスペースを取らない

△残念なところ
・折りグセで天井が下がってくる
・LEDライトが暗い
・40cmでも結構小さい

価 格:3950円(税込)
満足度:★★★ 
総 評:
まあ、こんなものでしょうね