スポンサーリンク

DAISO「コンパスカッター」買った。


どうやらアイリスオーヤマからも低温調理器が発売されるそうですね。

「ええい、何をやってる! 遅いぞ、夏休みはまだか!」 ……はい、まだです。 というド貧乏・ド暇なし状態のなか、仕事で調べ物を...

というわけでAnova Nanoこちらの容器で使用しているのですが、なるべく温度が逃げにようにフタをしたいものの、Anova Nano本体が邪魔で閉められません。

こんなフタも売ってますが、フタだけで約3000円て。

「じゃ、フタに丸く穴開ければいいんじゃね?」
というわけで、ダイソーの「コンパスカッター」を買いました。

(↓大御所オルファのやつも安いですね)

レビュー

ダイソーらしいシンプルなパッケージ。

いさぎよい機能説明。直径1~15㎝の円まで切れるようです。

構造もシンプル。丸いねじを緩めて左右に動かし、円の半径を決め、針を刺してコンパスのようにクルリと回せば、きれいな円状に切り抜けます。針&カッター部には半透明の安全キャップ付き。

カッター部のアップ。ネジが付いているので、切れ味が落ちたら交換できるようです。

裏面。あ、スペアの歯が付いてるのかな?

カラでした。まあ、100円ですしね。スペアの歯を入れるスペースがあるだけすごい。

㎜単位でスケールがついています。

さて、お湯の循環を考えると、Anova Nanoは容器のコーナー部分よりも、真ん中に設置したほうがよさそう。ということで、フタにAnova Nanoを当てて「なんとなくこの辺で、これくらいかなー」と目星をつけたら、コンパスカッターを刺してクリクリ回します……クリクリ…クリクリ…うん、ポリプロピレンはなかなか切り抜けませんね。

しかたないので、コンパスカッターでつけた傷を参考に、ニッパー&カッターでざっくり切り抜いて、ルーターで形を整えましょう。

先日のメットホルダーワンキー化について、会社の同僚に話したら「僕の後付けメットホルダーもワンキー化したい」とのこと。「ああ、余裕っす...

ちょっとボコボコだけど、まあこんなもんかな。

早速フタをセットして、サーモンのミキュイを製作中。なんか、こう、理科の実験感というか、水槽でメダカ飼ってる感というか、とても調理中には見えない感じが増しましたね。

■まとめ

○良いところ
・紙や布であれば、簡単にきれいな丸が切り抜ける(気がする)
・100円にしては十分なクオリティ

△残念なところ
・厚いポリプロピレンには向いてない。

価 格:108円(税込)
満足度:★★★ 
総 評:
これで108円(今は税込110円かな?)なら十分じゃないでしょか。