スポンサーリンク

Nelture「耳かき用たわし」買った。

Nelture「耳かき用たわし」の外観。

「耳鼻科のお医者さんは『あまり耳掃除をしない方がいい』と言っている」なんて話を目にすることも多いのですが、私は耳掃除が大好きです。
「潔癖」とか「耳の健康のために」とかではなく、ただ「気持ちがいい」から耳掃除をしているんです。やめられないんです!

で、先日ネットニュースで見かけて「あ、これは!」となった「耳かき用たわし」を購入。初回分は1週間で完売、とのことでしばらく待ちましたが、ようやく手元に届きました。

購入に至る経緯

世の「耳掃除メイニア」の例に漏れず、私も数々の耳かきに手を出してきました。
3連ループ型コイル型らせん型シリコンブラシマイクロファイバータイプ……なかでも一番のお気に入りだったのが、小林製薬「天使の耳かき」です。

「耳垢を掃除すること」ではなく「耳掃除の気持ちよさ」に焦点を当てたという同商品。小さな試験管ブラシみたいなものなのですが、耳壁のかゆいところをザリザリとこする感覚、耳の中に響く音、指先に伝わる振動などが、何とも言えない絶妙な逸品でした。
しかも1本わずか300円とリーズナブル!

ところが発売から2年後、突然の自主回収

「きっと改良版が発売されるはず」と信じつつ、1本しか買っていなかった同品を大切に使ってきましたが、2015年頃ついに柄がポッキリ逝ってしまいました。何度か修理を試みるもうまく行かず、泣く泣く廃棄することに。

あれから3年。
現存する耳かきの中では、使用感が「天使の耳かき」に最も近い……と言えなくもない…気がしないでもない「悟空の如意棒」を使いつつ、
「いよいよマスカラブラシに手を出すか」などと悩んでいたところ、今回のニュースを見かけたわけです。

そりゃもう、速攻でポチりましたよ。

チェック&レビュー

Nelture「耳かき用たわし」のパッケージ。

レトロ感あふれるパッケージ。今は品薄のようですが、いずれロフトとかに並びそうなデザインですね(←偏見)。

Nelture「耳かき用たわし」はカサカサタイプ用。

「カサカサ乾燥タイプ専用」とのこと。はい、私の耳垢スペックは、カサカサ乾燥タイプです。

Nelture「耳かき用たわし」は2種類の毛を植毛。

長い毛と短い毛を交互に配置しているそうです。

Nelture「耳かき用たわし」は老舗たわし屋が監修。

老舗たわし屋「高田耕造商店」が監修しているそうで。
では開封してみましょう。

Nelture「耳かき用たわし」の外観。

「天使の耳かき」よりも少し柄が太く、長くなっています。ブラシ部分も少し長い気がしますが、毛足は逆に短くなってる気がしますね。ただ、現物が手元に残ってないので比べられません。あと、強気の価格設定ながら、「天使の耳かき」についていた携帯・収納用ケースは付属していません。

Nelture「耳かき用たわし」はこのくらいの大きさ。

手にもつとこれくらいのサイズ感。親指と人差し指でクルクル回しながら、耳を掃除します。

Nelture「耳かき用たわし」のたわし部はナイロン製。

「たわし」という商品名ながら、先端部の材質は棕櫚(しゅろ)ではなくナイロン。無骨なデザインの柄も単なるABS樹脂です。金額に見合わないチープさですね。

Nelture「耳かき用たわし」に付属していた2種類のチラシ。

チラシが2枚同封されてました。1枚はLINEにフレンド登録してね、というもの。

Nelture「耳かき用たわし」の使い方チラシ。

もう一枚は使用上の注意。「天使の耳かき」騒動から学んだんでしょうね。
「1分以上のご使用はお控えください」とか書いてあります。注文が多いなぁ。

では試してみましょう……(くりくり、くりくり)……あー、もう全然ダメだ
肝心のたわしの毛が柔らかすぎて、耳壁の表面を優しくなでることしかできません。

違う違う違う! こんなもんじゃなかったよ! 
これじゃ、梵天を突っ込んでクルクル回す方がまだ気持ちいいって!

送料込みで2500円以上も払ってしまったので、しばらく使ってみますが、「天使の耳かき」が好きだった人には、おすすめできませんね。ちくしょー。

まとめ

○良いところ
・耳掃除用ブラシを復活させた

△残念なところ
・毛が柔らかすぎて気持ちよくない
・収納ケースも付いてないのにこの価格
・誰向けなのかが微妙なパッケージデザイン

価 格:1998円(税込)+送料540円
満足度:
総 評:
期待が大きすぎたせいで、落とされたときのショックといったら。