スポンサーリンク

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」買った。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」の外観。

我が家には「灰色」と「茶色」の2匹の猫がいます。
どちらもマンチカンですが、茶色は長毛。

猫といえば自分で毛繕いをするもの……と言いたいところですが、灰色はこまめ&ていねいに毛繕いするものの、茶色は自分の前足くらいしか舐めません。ときには灰色に強引にすり寄って、毛繕いを強要することも。

で、先日。トイレの後片付けをしていたら、灰色の排泄物の中に、大量の茶色の毛束を発見。
「灰色……お前どんだけ優しいんだ」という思いと「茶色の毛のせいで、灰色が毛球症になっちゃうかも」という不安から、大量に毛がとれると評判の「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」を購入しました。

購入に至る経緯

ふだん茶色のブラッシングには、この金属製コームを使用しています。

小ぶりで使いやすく、これでも結構抜け毛がとれますが、茶色は金属コームの感触が気に入らない様子。2~3分はガマンするものの、やがて身をよじって逃げてしまいます。

でもって実は、灰色が我が家にきて間もないころ、短毛種用のファーミネーターを買っているんです。ところが前述の通り、灰色はこまめに毛繕いをするため、同品の広告で見るような大量の毛がとれないんですね。そのため「価格のわりにこの程度か」と軽く失望していました。

ただ、茶色は毛づくろいをしないので、もしかしたら効果があるんではないかと。

そんなわけで、改めて調べてみると、最近は少し値段が安くなってきている様子。
アマゾンのレビューを読むと偽物も多いようなので、日本での販売元であるスペクトラムブランズジャパンの正規品を購入した次第です。

外観チェック&レビュー

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」の外観。

正規品だけあって、日本語が書かれたパッケージ。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」の正式名称?

正式名称は「ファーミネーター 抜け毛すっきりプロツール」なんですかね?

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」の説明。

ファーミネーターは、トリマーが使用するトリミングナイフを、素人でも使えるようにしたものだそうです。ダブルコートの猫にしか使えませんが、テクニックなどもいらず、ただ動かすだけで、ヘアサイクルを終えた抜け毛を除去することができます。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」は抜け毛を90%取り除く。

「抜け毛を90%取り除」くのだそうで。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」は中国製。

原産国は中国。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」は毛の長さ5㎝以上の猫用。

長毛種用は毛の長さが5㎝以上、Sサイズは体重4.5㎏以下が目安とのこと。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」のブレードの刻印。

ブレード部分にはLONG HAIRの筋彫りが。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」のレバー。

この灰色のレバーを押し込むと……

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」のレバーを押したところ。
プラスチックの板が出てきて、刃に挟まった毛がとれる……ということなんですが、ふつうに手で毛を外した方が早いです。可動部分は、このレバーのみ。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」のグリップ。

複雑な形状をしたゴム製のグリップ。滑り止めの突起がたくさんありますが、この突起がフチのギリギリまであるかどうかが、偽物を見分けるポイントのひとつなんだとか。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」のブレード保護クリップ。

ブレードを保護するキャップ。でもフィット感がいまいちなのは、さすが海外製品。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」と短毛種用の比較(1)。

長毛種用(左)と短毛種用(右)を並べてみます。色使いが同じなので、ぱっと見て見分けがつかないのが難点。レバーの色の違いで見分けるしかありませんね。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」と短毛種用の比較(2)。

ファーミネーターのキモであるブレードの比較。短毛種用(左)と長毛種用(右)で、クシの切れ込みの深さが違いますね。ちなみに短毛用で茶色をブラッシングしても、ほとんど毛は抜けませんでした。では使ってみましょう。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」を使ってみる。

くつろいでいる茶色の上にファーミネーターを置き、力を入れたり押し付けたりせず、
ただゾリゾリゾリーとゆっくり引いていきます。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」で結構毛が取れる。

おお、コームより抜けますね。いつものコームだと毛に引っかかったりするのですが、ファーミネーターはゾリゾリと気持ちよい感触でスムーズに動かせます。
茶色もそれほど嫌がらず、ゴロゴロ言ってますね。

「ファーミネーター 小型猫S長毛種用」で取れた毛。

やってもやってもキリが無いくらい、どんどんどんどん毛が出てきます。
さすがに茶色も嫌になったようで、5分ほどブラッシングしていると逃げていきました。

なお、ファーミネーターのブレードから抜け落ちた毛が、猫の体表面に残るので、仕上げにコームorブラシでブラッシングしてあげた方が良さそうです。ちなみに私が使っている仕上げブラシはこれ。値段も手ごろで、毛に艶が出ていい感じ。

まとめ

○良いところ
・スムーズ&大量に抜け毛がとれる
・ブラッシングの感触が気持ちいい

△残念なところ
・ブレードの保護キャップが心許ない
・安くなったとはいえ、お値段高め

価 格:3,700円(税込)
満足度:★★★☆ 
総 評:
これから冬毛に変わる時期なので、がんがん使って行こうと思います。