スポンサーリンク

ELECOMのキーボード「TK-FCP096BK」買った。

ELECOM「TK-FCP096BK」は有線キーボード。

このところ週末になると雨ばかりでバイクにも乗れず、慣れないWin10 に戸惑いつつ、新PCへの移行をぼちぼち進めています。

Windows7のサポート終了までほぼ半年となり、 会社のPCもWin10への入れ替えが着々と進んでいます。 我が家のPCも...

で、旧PCは従来のモニターに、新PCはTVに繋いで2台を立ち上げながら環境を移しているんですが、キーボードが1枚しかないので、引っこ抜いては差し替え……と実にめんどくさい。

「キーボードは消耗品だし、もう一枚買っておくか」と考え、
ELECOM「TK-FCP096BK」を購入しました。

購入に至る経緯

実は、私はパンタグラフキーボードが大好き。

過去に何枚も試した結果、FilcoのExcellio Liteというキーボードをここ数年愛用しています。カッチリとした打鍵感がたまらないのです。

なもんで、「場所を取らない10キーレスの奴とか出てないかな?」
とダイヤテックのWEBサイトを見てみたら、なんとすでに生産終了。
うーん、パンタグラフは人気がないんですかね。

さて、そうなるとますます手元にある1枚を大事に使わなくてはいけません。今のように抜き差しして使ってたら、あっという間に壊れてしまいます。

そこで、めぼしいパンタグラフキーボードを捜したところ、ビットトレードワンのゲーミングキーボード「BFKB88PCBK」が良い、というレビュー系Blogを発見。

秋葉原の某店に在庫があったので、会社帰りに立ち寄り、実際にポチポチと試したのですが……うーんExcellio Liteと比べてしまうと、ちょっとなあ。

失意のまま、置いてあるパンタグラフキーボードを片っ端からポチポチしたところ、ELECOM「TK-FCP096BK」のタッチが割といい感じだったので、購入することにしました(け、決して値段の安さにひかれたわけではないのです)。

レビュー

ELECOM「TK-FCP096BK」の箱表面。超薄型と書かれたパッケージ。シンプルですね。

ELECOM「TK-FCP096BK」は最薄部6.5mm。

最薄部わずか6.5mm

なんでこういうのって最薄部しか書かないんでしょうね。
平均厚みとか……じゃ良くわからないか。

ELECOM「TK-FCP096BK」の箱裏面。

さて、キーボード選びの上で譲れないのが「有線」であること。

今はどうなのかわかりませんけど、一昔前の無線タイプキーボードは、押した瞬間に文字が出ず、そのちょっとした遅延にイライラさせられたものでした。

ELECOM「TK-FCP096BK」は有線キーボード。

「TK-FCP096BK」はちゃんと有線タイプです。ケーブルは細めで頼りないですが、1.5mと長く、取り回しで悩むことは無さそうですね。

ELECOM「TK-FCP096BK」とExcellio Liteのサイズ比較。

愛用のExcellio Lite(下)と並べてみるとこのサイズ感。10キーがないこともあり、非常にコンパクトです。

キーが独立したアイソレーションタイプなので、キーのサイズが小さく見えますが、キーピッチはちゃんと19mmあります。

ELECOM「TK-FCP096BK」のスペック。一番右の2列だけがキー小さめですが、エンターキーもちゃんと大きく、キー配列も変態配列ではありません。

なにより、カーソルキーがちゃんと独立してて、間違えて押しにくいところがいいですね。

キーストロークは2mmと浅め。打鍵感はExcellio Liteほどカッチリしていませんが、まあ悪くないです。売ってるパンタグラフタイプキーボードのなかでは、一番カッチリしてました。

キーボード自体のゆがみやカタツキもなく、実売価格を考えると十分すぎるクオリティです。

まとめ

○良いところ
・有線でパンタグラフで10キーレス
・変態配列じゃない
・コンパクト

△残念なところ
・Excellio Liteと比べると、やや安っぽい打鍵感
・価格相応な見た目

価 格:1,637円(税込)
満足度:★★★☆
総 評:
今となっては貴重な「有線・パンタグラフ・標準配列」のキーボード。こうなるとポインティングデバイスも欲しくなってくるな……