スポンサーリンク

Dimotivのアジャスタブルレバーセット 買った

ディモーティヴ「アジャスタブルレバーセット タイプ1」のパッケージ。

旧VMAXと違って、新V-MAXには4段階で位置調節可能なレバーが付いています(今のバイクなんだから当たり前)。

……なんですが、「ハンドルも変えたし、せっかくだからレバーも変えたいよなぁ」という心の声に耐えきれず、Dimotivのアジャスタブルレバーセットを買いました。

購入にいたる経緯

購入前、ライコランドに「地味め」のレバーを探しに行ったのですが、売っているのはみんなアルマイトテカテカ系ばかり。地味めの高級レバーとして、一昔前にはあんなに並んでいたAntlionはどこにいったんだろう?

で、諦めて家に帰りネットを見ていたら、Dimotivのレバーに「マットカラー」があることを発見。

Type1:普通のレバー
Type2:転倒時に折れまがる関節付き
Type3:Type2&レバーの長さ調節機能付き
の3種類があったので、なるべくシンプルなType1を選択。
色はブラックとチタンがありましたが、車体色がグレーなのでチタンを選びました。なお、残念ながらアジャスターは赤しか選べません(ええ、地味なのが好きなんです)。

では、装着してみましょう

2カ月ほど待ってようやく届いた現物を見たら、わりとテカテカ。「うーん、これマットかなぁ?」という気もしましたが、いざ装着。

ディモーティヴ「アジャスタブルレバーセット タイプ1」のクラッチレバーとノーマルレバーの比較。

上がDimotivのクラッチレバー、下がノーマルレバーです

ブレーキ・クラッチとも油圧なので、レバーの交換は簡単です。ボルトを外して交換するだけ。可動部分にリチウムグリスをたっぷり塗っておきました。

ノーマルのクラッチレバー。

Before

ディモーティヴ「アジャスタブルレバーセット タイプ1」のクラッチレバー装着後。

After

レビュー

Dimotivのレバーは6段階調整が可能です。アジャスターもレバータイプなので、片手でもレバー位置を変更できます。一番遠いところに合わせても、ノーマルよりも近い感じなので、手の小さい人に良いかも。

また、レバー形状が四角く、エッジが立っているので、指の引っかかりが良くなりました。

……が。

このレバー、黒い部分と銀色の部分、2つのパーツからできているんですね。

ディモーティヴ「アジャスタブルレバーセット タイプ1」の構造。

だから、構造上仕方がないんですけど、レバーを上下に動かすと、そのつなぎ目で微妙にカタカタ動くんです。

うーん、ノーマルレバーをハードアルマイト加工して、また付け直そうかな。

まとめ

○良いところ
・6段階調整が可能
・指の引っ掛かりが良い形状
・鋳造の純正品より、見た目に高級感がある

△残念なところ
・上下方向のガタつき
・ブレーキレバーのタッチの変化
赤いアジャスターレバー(なぜ派手にする……)

価 格:1万432円(税込)
満足度: 
総 評:
すんません、私の好みには合いませんでした