スポンサーリンク

Docooler 自転車電話ホルダー買った。

Docooler 自転車電話ホルダーをハンドルに取り付けたところ。

気づけばもう年の瀬。今年の9月・10月は、週末のたび雨模様で全然バイクに乗れなかったため、寒空の下、めげずにバイクに乗っております。

……ところが。

私よりも先に、スマホホルダーが寒風にめげるようになりました。クランプを目一杯ぎゅーぎゅーに締めているのですが、高速を走っていると、風圧でクルリンと回ってしまうのです。

ハンドルとクランプの間にゴムでも挟めばいいのですが、ホルダーの見た目もなんだか安っぽいし、「ここらでちゃんとしたホルダーを買おうかな」といろいろ見ているうち、「Docooler 自転車電話ホルダー」を発見。金額の割になかなか良い見た目に惹かれて購入しました。

製品チェック

値段の割にしっかりしたパッケージだな、という印象。

Docooler 自転車電話ホルダーのパッケージ表面。

右下に燦然と輝く「中国製造」の文字がちょっと誇らしげ。昔はMade In Chinaといえば、安かろう悪かろうのイメージだったんですけどね。

Docooler 自転車電話ホルダーのパッケージ裏面。

アルミ削り出しの本体とクランプはプラスチックトレーに、ネジなどの小物はキチンと別の袋に分けられています。昔はMade in Chinaといえば(略)

Docooler 自転車電話ホルダーの封を切ったところ。

取扱説明書は中国語と英語ですがわかりやすい画像つき。「パーツリストみたいな説明書」しかつけてこない、某国産メーカーのバックステップよりもしっかりしてますな。

Docooler 自転車電話ホルダーには、画像入りの説明書付き。

右側のローレットが刻まれたネジをくるくる回すと、50mm~100mmの間で幅が調整できます。動きは軽すぎず重すぎず、しっとりとした感触。カチャカチャというガタもありません。

Docooler 自転車電話ホルダーの本体は、右のネジで幅を調整可能。

裏返すとこんな感じ。銀色のプレートに十字の切欠きがあります。

Docooler 自転車電話ホルダーの裏面には十字の切欠きプレートが。

クランプ側はこんな感じ。写真が下手で見にくいのですが、先っぽが十字型になっています。

Docooler 自転車電話ホルダーのクランプはΦ31.8。

縦画面・横画面のどちらで使用するかを選び、本体プレートの切欠きに十字型を差し込んでネジで固定するんですね。精度はちゃんと出ていて、カッチリはまりガタガタしません。

もともとが自転車用なので、ハンドルクランプのサイズはΦ31.8mmと太め。でも、サイズを調節するためのカラー(シム)がついてました。ママチャリ用かな?

Docooler 自転車電話ホルダーには、細いハンドル用のカラーが付属。

アルミの本体がスマホを傷つけないように、爪部分に貼るスポンジシールが付いてます。ちゃんと爪の形に切り込み入り。なんというか、仕事が丁寧ですね。

Docooler 自転車電話ホルダーには、爪に貼るスポンジシール入り。

とはいえ、もとは自転車用ですから、ネジ部分にはロックタイトを忘れずに使いましょう。

Docooler 自転車電話ホルダーの取り付けにはロックタイト(ネジ止め剤)必須です。

取り付け&レビュー

さて、まずは今ついてるホルダーを外します。もともと、アマゾンで適当に買ったやつなので、プラスチッキー&デザインがやぼったいです。

アマゾンで安く買ってつけていたスマホホルダー。

比べてみるとこんな感じ。大きさも質感もあきらかに違いますね。

Docooler 自転車電話ホルダーと安物ホルダーの比較。

取り付け位置を決めるため仮組みしてみると、付属のカラーを使ってもまだユルユルであることが発覚。くるくると回ってしまいます。

でも大丈夫。そんなこともあろうかと厚さ5mmのゴムシートを買っておいたのです。これをチョキチョキ切って……

5mm厚のゴム板。100円もしていません。

こんな感じにハンドルに巻き付ければOK(VMAXのハンドルはΦ22mm)。

Φ22mmのハンドルに5mmのゴム板を巻き付ければΦ32mmになりますよね。

念のため、前のホルダーに付いていたラバーバンドも移設して、位置を調整して固定します。これまで使っていたホルダーよりもクランプの幅が狭いので、ギリギリまでブレーキマスターシリンダーに寄せることができますね。

Docooler 自転車電話ホルダーをハンドルに取り付けたところ。

ちなみに、この位置で一回固定したのですが、スマホがミラーのステーに当たるので、結局2cmほど左へずらしました。

実際にスマホを装着した写真がなくて申し訳ないのですが、固定はかなりカッチリ。揺すってもびくともしません。また、爪の部分にスポンジがついているので、けっこう強めに固定したのに、スマホに傷はついていませんでした。

なお構造上、チルトやスイングといった角度調整機能がないので、セパハンのバイクの場合、見やすい位置に調節することはできません。

難点は、右側の爪がXperia XZ1 Compactのボリュームボタン&シャッターボタンにかかるかかからないかの位置にあること。<どっちのボタンも押さない位置>で固定するのに、少し気を使います。そのうち慣れるかもしれませんけどね。

まとめ

○良いところ
・見た目が小さい&高級感がある。
・精度がきっちりしていて、ガタツキなどがない。
・がっしり固定できる

△残念なところ
・角度調整機能がない。
・付属のカラーではバイクに固定できない。
・固定用爪がボリューム&シャッターボタンにかかりやすい。

価 格:1716円(税込)
満足度:★★★★☆
総 評:
スマホをつけていないときでも、そんなにかっこ悪くないところがいいです。