スポンサーリンク

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」買った

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」の全体像(1)。

日に日に気温が下がってまいりました。
そろそろ革ジャン+Tシャツでバイクに乗るのは厳しくなってきたな、と。
(個人的には15℃~25℃が、革ジャンで快適にバイクに乗れる気温だと思います)

まあ、寒くなってきたら革ジャンの中に着込む服を変えれば良いわけで。
「そろそろ電熱ベストを出そうかね」

革ジャンをお持ちの方はご存知でしょうが、革って夏はやたら暑いくせに、冬はまったく温かくないんですよね。しかも真冬にはキンキンに冷えて...

と考えていたところ、たまたま寄ったライコランドで、割とシンプルな薄手のパーカーを発見。やっぱりライダースに似合うインナーと言えば、パーカーだと思うのですよ(個人の意見です)。

いかにもなバイク用ウェアが苦手な私ですが、これは良さそう。どれどれ……と見てみると、メーカーはRSタイチ。えええ、タイチって今はこんなにスタイリッシュになったの?

試しに袖を通してみると暖かいし、パッド類も入っていないのでフィット感も良い感じです。ということで、RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」を購入しました。

外観チェック&レビュー

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」の全体像(2)タイチの商品は、購入時ハンガーもくれるんですね。ありがたい。

黒、黒・白、グレーの3色があり、微妙にデザインも違うのですが、黒いライダースに一番合うと思われるグレーを選択。

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」の胸のロゴ。

胸の所にタイチのロゴがありますが、これくらいなら目立たないのでOK!

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」の左袖の文字。

左袖には型番と「Designed In Japan」の文字。まあ、あまり目立たないのでOK。

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」の肩のロゴ。

右肩の所にタイチのロゴ入り。うーん、まあ、重ね着するからOK……かな。

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」のフードのロゴ。

フード左側面にはタイチの大きなロゴ。……いやあ…うーん…まあ、折り返してれば見えないかな?

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」のファスナー。

ファスナーに付いたタグは反射素材を使用しています。ここにもタイチの文字がありますが、ここまできたらそんなの気になりません。

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」の内側。

内側はLOFTなどに売っている「やたら手触りの良いぬいぐるみ」(マイクロファイバー?)の感触。

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」を着たところ。

Tシャツの上に羽織ってみました。タイト過ぎずルーズでもない、インナーとしてはちょうどよいフィット具合です。薄さに見合わずとても温かいのですが、一方で、うっすら汗をかくと肌に貼り付いて、なかなか脱げません。

RS Taichi「ウォームライド フーデッド シャツ RS624」とVanson b。

というわけで、この上にVanson bを着てみると……むむむ、パッツパツだな。

薄手だから大丈夫かと思いましたが、それすら許さぬタイトなVanson b(自分がタイトなサイズを選んだのですが)。というか、私が太りすぎたのか? もっと絞らねば。

まとめ

○良いところ
・おしゃれめ&控えめなデザイン
・暖かく着心地が良い

△残念なところ
・汗で体に貼り付く
・ところどころで主張するロゴ

価 格:8030(税込)
満足度:★★★☆
総 評:
いえ、物は良かったんです。とりあえず体を絞って再挑戦ですね……。