スポンサーリンク

スエカゲツール「MRG-1425S」買った。

スエカゲツール「MRG-1425S」のパッケージ

バイクと言えば、出先で急なトラブルに見舞われがち(最近のバイクはそうでもない)。
とはいえ、車載工具があればある程度はなんとかなるものです。

……車載工具があれば。

VMAXのタンクを載せ替えた結果、サイドカバー内に車載工具が入らなくなってしまいました。しかたなく、シートバッグに車載工具を入れていたのですが、なんとも収まりが悪い。

バイクネタが続きますよ。 さて、荷掛フック装着により積載性が増したVMAXですが、いまだにリュックが手放せません。 ...

そこで純正の車載工具は諦め、以前ハヤブサに載せていたスエカゲツールのミニラチェットセットをシートバッグに積んでいました。プライヤーやスパナは入ってませんが、バッテリーあがりで外装を外す程度の整備なら、これ一個でなんとかなります。

でも、「いざというときのため」に積んでるにしては、これでもバッグの中で場所を取りすぎ。正直、使わないビットも多いし。

ということで、「さらにコンパクト」で、「いざというときはちゃんと使える物」を探して、同じスエカゲツールの「MRG-1425S」を買いました。

 レビュー

スエカゲツール「MRG-1425S」の中身。

本当に小さいです。正直最初は「チャチい」と思ったほど。ラチェットハンドルの長さは90mmと、私の人差し指よりちょっと長いくらい。

スエカゲツール「MRG-1425S」のセット内容。

セット内容はこんな感じ。欲を言えばキリはありませんし、おおむねよく使うサイズはカバーされてるかと。

スエカゲツール「MRG-1425S」のショートビッド装着時。

ショートビットを使った場合、頭の大きさが2cm以下(16.5mm)と超コンパクト。ショートビットはマイナスの5.5と、プラスのNo.2(なぜか2本!)がついてます。

スエカゲツール「MRG-1425S」にソケットアダプターを装着。

ソケットアダプターに差し替えたところ。差込角は6.5mm(1/4sq)。ギア数は52山で、精密機械みたいにキチキチ回ります。あんまり強いトルクをかけたら壊れちゃうかな?

スエカゲツール「MRG-1425S」に12mmのソケットを装着。

12mmのソケットをセットしてみました。どんだけ小さいか伝わるでしょうか。スプラインソケットなので、いろんなネジに対応できます。

スエカゲツール「MRG-1425S」にエクステンションバーを装着。

エクステンションバーは長さ68mm。マグネットタイプで、ビットを保持するロック機能付き。見た目からの想像以上にカッチリ固定できます。

スエカゲツール「MRG-1425S」と「SEK PA423」のケース比較。

ケースのサイズは98mm×65mm×32mm。文字通り手のひらサイズです。上はこれまで使っていた「SEK PA423」。

スエカゲツール「MRG-1425S」と「SEK PA423」の中身。

フタを開けて比較。「SEK PA423」はビットをウレタンフォームに差し込むタイプでしたが、「MRG-1425S」はプラスチックの台座にかっちりはめ込む方式。遊びが少なくなったぶん、小さなスペースに無駄なく詰まっています。

スエカゲツール「MRG-1425S」のフタ。

ちなみに、ケースの赤い部分は蓋を開けるスイッチ的なものではなく、押してもズラしてもビクともしません。フタ側の透明な出っ張りを押して開きます。

まとめ

○良いところ
・とにかくコンパクト
・よく使うサイズの工具が入っている

△残念なところ
・あまり使わないトルクスを捨てれば、もっと小さくできたはず

価 格:3407円(税込)
満足度:★★★☆ 
総 評:
あとプライヤーと10mm×12mmのスパナを積んでおけば、大抵はなんとかなりそう……な気がします。