スポンサーリンク

Hikenture「エアーピロー」買った。

Hikenture「エアピロー」の収納状態。

さて、初期不良で返品したエアーマットですが、

さて、シュラフの下に敷くマットのお話。 キャンプツーリングというと、シートの後ろに定番の銀マットだったり、リッジレストやZライトみ...
「枕付き」だったことに感銘を受けました。
いつも、脱いだ服を丸めて頭の下に入れてたけれど、「枕、便利じゃん」と。

ただ、前回の商品は、枕とマットの空気が共通(エアバルブがひとつ)でした。
マットは底付きしないくらいパツパツに膨らませたほうがいいけれど、枕は寝やすい高さに調節したいですよね。

そこで、「マットは後回しにして、とりあえず枕を購入しよう(本末転倒)」ということで、Hikentureの「エアーピロー」を購入しました。

レビュー

Hikenture「エアピロー」到着。

商品到着。ビニールを開けてみると、

Hikenture「エアピロー」の付属カード。

中には小じゃれたカードが。

Hikenture「エアピロー」の付属カード(中面)

カスタマーサービスの案内や「Amazonにレビュー書いて!」的なことが書いてあります。

Hikenture「エアピロー」の収納状態。

収納袋に入った本体。手のひらに収まるくらいの小ささです。ロゴもきちんとデザインされていて、かっこいいですね。

Hikenture「エアピロー」のタグ(表)

タグまでおしゃれ。

Hikenture「エアピロー」のタグ(裏)

1年保証が付いてます。中国製品って本当にクオリティが高くなったよなぁ。

Hikenture「エアピロー」のふくらませる前。

では膨らませてみましょうかね。

Hikenture「エアピロー」のフタ。

「かわいい」と思うか「不気味」かは別として、空気注入口のフタにまでキャラクターっぽいデザインが。

Hikenture「エアピロー」のエアバルブ。

エアバルブの蓋を開けたところ。真ん中の黒いボタンを一度押す(クリックする)と、空気を吹き込めるけれど出てこないモードに。もう一度押すと空気が抜けるモードになります。よくできてますね。

Hikenture「エアピロー」を膨らませたところ。

4~5回吹き込んだらパンパンにふくらみました。

Hikenture「エアピロー」の完成形。

こっちが表側。頭がずれないように、左右がちょっと持ち上がったデザイン。表面はビニールではなく、サラサラとしたナイロンの手触りです。

寝っ転がってみたところ……うん、まあこんなもんでしょうね。
空気の入れ具合で高さも調節できますし、表面がビニール素材ではないので、耳元でモキュモキュ音がしてうるさい、ということもありません。フィット感が気になるようならタオルを巻けばいいし。

実際、今回のツーリングでも、とても良く眠れました。

まとめ

○良いところ
・畳むとコンパクト
・よくできたエアバルブ

△残念なところ
・とくになし

価 格:1360円(税込)
満足度:★★★☆
総 評:
服をグルグル巻きにして頭の下に突っ込むより、はるかに寝心地が良かったです。