スポンサーリンク

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」買った。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」をネックに取り付けたところ。

大好きなバンドのひとつ、Slayerのファイナルツアーが始まってしまいました。
3年前のインタビュー記事でも、トム・アラヤは疲れ切ってる感じだったんですよね。
ラウドパークも含め、来日公演は絶対あると思いますが……ただただ、寂しいです。
※ところが、今年はラウドパークないんですと!? まーじーかー!

で、Youtubeでファイナルツアーの映像を見ていたら

久しぶりにベースが弾きたくなりまして。

Snarkのチューナーを取り出したところ、なにかおかしい。
チューニングしようかとSnarkのクリップチューナーを取り出したところ、

壊れてしまったSnarkのチューナー。

……あれ?

Snarknoチューナーのクリップ付け根がバラバラに。

ええええ!

数年前に購入して数回しか使ってないのに、経年劣化(?)で本体の爪がポキポキ折れてました。

しかたなくAmazonを見ると、今はいろんなメーカーから安いクリップチューナーが出てるんですね。
なもんで、ちゃんとインジケーターがカラーで、値段も安かったNEUMAのクリップ式チューナーNA-10RCを買いました。

機能チェック&レビュー

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」のパッケージ。

いたってシンプルなパッケージ。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」には電池付き。

1000円以下なのに、ちゃんと電池(CR2032)付きです。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」に電池をセット。

裏蓋を外して電池をセットします。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」のクリップにはゴム付き。

クリップには楽器を傷つけず、滑り止めにもなるゴム付き。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」のクリップはネジ止めで頑丈。

クリップと本体はネジ留めなので、そう簡単には折れなそうです。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」の根本はくるくる回る。

前後に傾くだけでなく、根本の部分からくるくる回るので、見やすい位置に調整できます。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」は、側面と上部にボタンが。

側面にはMODEボタン、上面に基準ピッチを合わせるA4ボタンがあります。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」の側面ボタンで電源ON。

MODEボタンを2秒長押しすると電源ON/OFF。
さらに、ボタンを押すたび「クロマティック→ギター→ベース→バイオリン→ウクレレ」と切り替わります。A4は430~450Hzで設定可能。

「チューナーの使い方なんざ、お前に聞かなくても知ってるよ!」と怒られそうですが、一応。クリップ式チューナーは、シールドを突っ込んだりしなくても、ヘッドに取り付けるだけで音を拾ってくれます。まずはすべてのペグをゆるめて、4弦から合わせていきましょう。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」のチューニング風景その1。

♪べーん
Eよりちょっと低いですね。針の色は黄色です。ペグを締め込んでいきましょう。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」のチューニング風景2。

はい、締め込み過ぎてしまいました。針の色は赤に。
面倒でも、もう一回ゆるめて締め直します。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」のチューニングが合ったところ。

針が真ん中・緑色になったらチューニングが合った証拠です。パッと見て、色で音のズレ具合がわかるから、インジケーターがカラーだと便利ですね。
安物ですが、反応はそれほど悪くないです。

NEUMA「クリップ式チューナー NA-10RC」をネックに取り付けたところ。

同様に3弦、2弦、1弦を合わせたら、もう一度4弦からチェック&微調整して終了。

さて、チューニングがあったところで、小一時間ほど弾いてみたものの
……昔よりさらにヘタになってる!

指が覚えていたはずのフレーズも「どうやってたんだっけ?」と考え込む始末。
練習しなきゃなぁ。

まとめ

○良いところ
・安いのに電池付き
・ちゃんとカラー表示
・そこそこ反応も良い

△残念なところ
・特になし

価 格:890円(税込)
満足度:★★★☆
総 評:
ガチで音楽活動をしている人にはアレかもしれませんが、私レベルなら十分です。