スポンサーリンク

Anker 「Soundcore Liberty 2」買った

Anker「Soundcore Liberty 2」の本体と携帯ケース。

約1年半前に買った、BluetoothヘッドホンのHAVIT「G1」が壊れました。

「音楽は専用プレイヤー!」「イヤホンは有線!」と老害チックなことを言っていた私。 ところが、ついにipod nanoのバッテリ...

どれだけ充電しても、片側がすぐ電池切れになる(充電できてない?)状態。
まあ1年半持ちましたし、入門編としては十分役立ったと言えるでしょう。

ということで次のワイヤレスヘッドホンとして、まあまあ評判が良く、まあまあ金額も安い、そして割と信頼できるメーカーである、Ankerの「Soundcore Liberty 2」を購入しました。

外観チェック

Anker「Soundcore Liberty 2」のパッケージ。
1万円もしないのに、とても立派な箱で到着。

Anker「Soundcore Liberty 2」の内容物一式。

中身を取り出してみました。

Anker「Soundcore Liberty 2」付属のイヤーピース。

イヤーピースが、これでもかというくらいに付いていますね。

Anker「Soundcore Liberty 2」の本体と携帯ケース。

イヤホン本体と、バッテリー搭載の携帯ケース。本体の使用可能時間は8時間ですが、使わないときは携帯ケースに入れることで、32時間まで使えるようです。

本体上部に小さなボタンが付いており、

1クリック:再生・停止
右を2クリック:曲送り
左を2クリック:曲戻し

といった操作ができます(長押しでハンズフリー通話やSiriの呼び出しなどもできるようです)。ボタンはしっかりとしたクリック感があるタイプ。

Anker「Soundcore Liberty 2」のサイズ感。

本体のサイズ感。楕円形なこともあり、前使用していたHAVIT「G1」よりも大きめです。
ドライバーのサイズは10㎜だそうで。

Anker「Soundcore Liberty 2」の携帯ケースの開き方。

携帯ケースのフタはスライドして開くタイプ。HAVIT「G1」のケースより薄型なので、ポケットに入れやすいですね。

Anker「Soundcore Liberty 2」のケースはUSB Type-Cで充電。

携帯ケースの下面・後方にUSB Type-Cの充電端子がありました。

レビュー

Anker「Soundcore Liberty 2」のファームウェアはスマホ経由でアップデート。
スマホ経由でファームウェアのアップデートができるようなので、まずはスマホに専用アプリをインストールしてみました。

充電ケースから取り出し耳に付けると、「ピンポンパン」というサウンドロゴの後、「Battery High」と流暢な英語で教えてくれます。充電量が減ってきたら「Battery Low」って言ってくれるんですかね?

では視聴してみます。S.O.A.Dのダロン・マラキアンのソロプロジェクトから、この曲。

Daron Malakian and Scars On Broadway – Lives (Official Video)

おお、音の広がりがありますね。またHAVIT「G1」に比べて、それぞれの楽器の音がきちんと分けて聞こえます。

一方で、Bluetoothが繋がっただけの状態では無音なのに、曲の再生が始まると、無音のところでかすかに「サーッ」というホワイトノイズがあります。また、曲送りなどを行う本体上部のボタンは小さすぎて、どこにあるのか探してしまいました。

まあ、基本的に通勤時に使用する物なので、ホワイトノイズに関しては気にしません(地下鉄のノイズの方がはるかにうるさいですから)。ボタンに関しても、そのうち慣れるでしょう。

ちなみに、先ほどスマホにインストールした専用アプリ、「ファームウェアのアップデートが終わったら削除しよう」と思っていたのですが、いくつか用意されている「有名プロデューサーのプリセットイコライザー」がけっこう良いので、残すことにしました。そろそろスマホ買い替えないと、容量がきついな……。

まとめ

○良いところ
・価格の割になかなか音質がいい
・携帯ケースが小さく、Type-C端子を採用している
・HAVIT「G1」よりも音切れが少ない(というかしない)

△残念なところ
・ホワイトノイズがある

価 格:7493円(税込)
満足度:★★★★☆
総 評:
電車の中でブツブツ音切れして、イライラすることがなくなりました。買って良かったです。